楽天カードとライフカードの共通点

楽天カードとライフカードどっちを作ろうかと迷う人も多いようです。
この2つのカードの共通点は、通常のカードでしたら年会費無料という点、ポイント利用の幅が広いこと、そしてどちらのカードもポンとがザックリ貯まることから人気のカードとなっています。
消費者は少しでもお得な方がいいと思うのは当然です。ですが、両方作り、ポイントを合算して使うこともできるのが楽天カードとライフカードになります。

 

一番おすすめは両方のカードを作り、良いとこどりで使うことでポイントもたくさん貯まるのでかなりお得となります。

 

 

楽天カード Lifeカード
年会費 永久無料(年会費有のカードも有) 永久無料(年会費有のカードも有)
ポイント還元率 1%(100円で1ポイント=1円換算) 0.5%(1000円で1ポイント=5円換算)
ポイントUPキャンペーン
  • 楽天市場ではポイント2倍(還元率2.0%)
  • 定期的にポイント10倍デーあり(還元率10.0 %)
  • 楽天市場ではポイントUPのキャンペーン多数あり
  • 誕生月はポイント5倍(還元率2.5%)
  • 加入して一年間は1.5倍(還元率0.75%)
  • 年間50万円以上の利用で300ポイント(1500円相当)貰える

    +翌年一年間は1.5倍(還元率0.75%)

申込み条件 18歳以上(高校生は不可・大学生OK)

専業主婦OK

18歳以上(高校生は不可・大学生OK)

専業主婦OK

ポイントの期限 キャンペーンで貰ったポイントには期限有りかなり短くなっています 5年間
ANAマイルへの交換 2ポイント=1マイル 1ポイント=3マイル 手数料無料
公式サイト

 

 

普通に使うなら楽天カードの方がポイント還元率もよくお得なんですが、加入後1年間、特に誕生月はライフカードの方が断然お得なんです。誕生月はLifeカードを使い、ポイント10倍デーは楽天カードなどと使い分けることでかなりお得に使いこなせます。

 

また、ライフカードは楽天Edyや楽天スーパーポイントにチャージすることもできます。

楽天カードとライフカードを上手に使いこなす

楽天カードにもライフカードにもそれぞれメリットがあります。
デメリットを見て!作るのは止めた〜ではなく両方のカードを作りいいとこ取りが一番得です。

 

今現在、何枚もカードを持っているとポイントを無駄にしています。
”来年こそはポイントを使うぞ”と思うのですが、翌年もポイントを無駄にしてしまう。これの繰り返しなんです。

 

楽天カードとライフカードは、無駄になるポイントがないんです。
だから両方を作り上手に使いこなすことをおススメします

 

 

ポイントはどこで使う

今やネット通販の大手といえば、アマゾンと楽天市場です。
楽天カードは楽天市場での買い物は、面倒なカード番号記入なしで、クリック一つで買い物ができるのが超便利です。
で、ライフポイントは貯まった分だけ楽天カードにチャージします。

 

やはり、ポイントが失効してしまう原因の一つとして幾つものカードにポイントが貯まっているからだと思います。

  • ガソリンカードA
  • ガソリンカードB
  • クレカA
  • クレカB
  • クレカC

5枚のカードにポイントが貯まってもたいした金額にはなりません。
合算できるカードがあるのなら一枚のカードにチャージすることで結構なポイントとなるものです。

 

 



http://www.krapka.biz/http://www.under-my-skin.net/http://www.medicaltranscriptionsucks.com/http://www.cosmetic-trends.com/http://www.yournetworkmarketingcoach.com/